アトリエ705〜名古屋市守山区の洋菓子工房【手作りクッキー注文生産】   Counter


≪menu≫

home

news

about

catalog

order

report

vision

space

link
 

メールフォーム 

 

 携帯サイト
↑↑↑↑
携帯用サイトはコチラ

 

サイトマップ

 

Vision

 

アトリエ705は、

まちの小さな洋菓子屋さん。

お菓子でみんなを笑顔にしたい。

 

「ケーキ屋さんになりたい!」

 

私の娘のクラスにも

そんな夢を持った女の子が何人かいます。

夢が見れる仕事っていいですね♪

 

でも、実際にケーキ屋さんになると、

意外と、力仕事で、給料安いし、

経営となると厳しい世の中。

で、女子は結婚したら、

家庭があって、子育てがあって、

女の子の夢は、

現実とは程遠い世界。。。

 

アトリエ705のオーナーパティシエ、

菜穂子も、2児の母。

育児に翻弄されながら、

限られた時間を全力で駆け抜けます。

 

でも、ママ友たちや子どもたちのパワーも凄い!

そんな身近な仲間にパワーをもらって、

明日も頑張れる気がするんです(笑)

 

今の日本では、

働き方改革が世の中を変えていこうとしているけど、

ママたちの問題と可能性を本当に考えれるのは、

やっぱり、当事者であるママたちなんだと思う。

政治家でもないし、男経営者・男学者でもない。

 

それは、リアルなママたちの問題。

 

でも、ママは大変だからって、

贔屓されて社会に出たって、面白くない。

仕事だけのパパたちに負けない、

ママたちに出来る仕事がある。

 

だから、アトリエ705は、

0から作りあげた洋菓子工房。

旦那の援助は一切受けない。

寧ろ、収入のない、

借金だらけの旦那を養ってる(笑)

 

 

 

そして、

アトリエ705は、地域のためのお店でありたい。

 

コンビニ、ディスカウントストア、スーパー、、、

欧米型資本主義や価格競争で、

日本のまちの小売店は激減してしまった。

 

それは、家計には嬉しい社会なのだけども、

あまりに急激な変化だったから、

地域コミュニティを崩壊させてしまった。

 

昭和の時代に当たり前だった、

日本の風景。

いつもの魚屋さん、八百屋さん。

みんな地域の人たちの名前を知っていたから、

地域が支えあって生きることが出来た。

 

育児だって隣近所が付き合っていたら、

助けてくれる人たちもいっぱいいた。

顔見知りばかりが同じ地域に住んでいたから、

不審者がいたら、すぐに違和感を感じれた。

 

地域で支えあって、助けあうのが当たり前だった。

そんな日本の古き良き時代のように、

まちの小さなお店が、地域の人たちの

よりどころになって、溜まり場になれたら素敵だと思う。

 

 

アトリエ705は、

グローバル社会に、ローカルな地域社会と

家族のあり方を考える。

働く女性たちの可能性を考える。

 

それで、笑顔が溢れる社会を作れたら万歳万歳!